腰痛で力が入らない場合は病気の可能性あり


腰痛と一言で言っても症状はいろいろあるのでもしかしたら何かの病気になっている可能性もあります。
普通の腰痛であれば腰が痛くなること以外特にこれといった症状ないのですが、
もし足に力が入らないなどという症状がある場合はもしかしたら椎間板ヘルニアであるかもしれません。

椎間板ヘルニアは最近であれば多くの人がなっているものなので知っているかと思いますが、
この病気は背骨の間にあるクッションのような物が飛び出すことで神経を圧迫してしまい
それが原因で腰痛になってしまうのだそうです。
椎間板ヘルニアの場合は力が入らないことの他に足の感覚がおかしくなってしまったり
ふくらはぎや太ももの部分が神経痛になってしまう場合もあるようです。

もし腰痛で力が入らなかったりする場合は椎間板ヘルニアを疑うといいかもしれませんが、
この病気に罹ってしまったからといってすぐに手術をするわけではないので安心してください。
現在はまず薬などの保存療法を試してみて、それで治るのであればそれで済みますが、
半年程度保存療法をしても一向に改善しないようであれば
内視鏡を使っての手術になるようです。
ただ、手術といっても小さな穴を開けて行うので手術後1週間程度で退院することができるようです。


posted by マッケンジー法 at | 腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気FX比較
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。